検索

マコマミ現役講師が考えるオンライン教育の必要性 by Ouka

現在コロナをきっかけに、オンラインレッスンの需要が急増しており、マコマミでも大半 のレッスンはオンラインで行われています。

オンラインで授業を行うことで、人と人の接 触を減らし、コロナの感染拡大を防ぐことができることが主な理由として挙げられます。 しかし、中にはオンラインレッスンにあまり賛成しない方もいるでしょう。

例えば「zoom を繋げるのが大変」や、「オンラインでは対面と同じような授業が受けられないのでは」 などといった不安や心配があると思いますが、その分オンラインレッスンならではのメ リットがあります。


まず、教室まで実際に通う必要がありません。

親御さんは今まで送り迎えに使っていた時 間を違うところにあてることができ、生徒さんもその時間を予習や復習に使えます。これは個人的に先生である私にとってもメリットであると考えています。私も家からオンラインレッスンをするようになってから、教室まで通う時間が無くなった分、レッスンプラン を考えるのにより多くの時間を費やすことができ、より良いレッスンを提供できるようになっていると思います。その点では、対面の時のように直接お話ができなくても、オンラインでも先生はハイクオリティーなレッスンを提供できるので、不安になる必要はありません。また、親御さんも一緒にレッスンを見ることがいつでもできるので、対面の時よ りもレッスンでの様子がわかります。


さらに、生徒さんがオンラインで授業を受けることで、パソコンやタブレットに触れる機 会が増えます。

 これに対しては賛否両論あると思いますが、私は、テクノロジーが進化していく中で、このような機械に触れることは重要であると信じているため、マコマミのオンラインレッスンを通して、英語だけでなくパソコンなどの扱い方も学べ、将来に役立つと思っています。 このような点から、オンライン教育の必要性がわかります。

 

 これからコロナが収束したとしても、ハイブリッドにレッスン(オンライン+対面)を活用して、生徒さんたちにあったレッスンを提供していければと思います。