検索

英語はいつからはじめるべきか?

答え…いつでも良い。

しかし、発音を良くしたいのなら10歳までというのは説得力があります。

一方で、あまり早く始めたからといってモノになるかというとそうでもないこともあります。

小学生の頃、ネイティブが主催している英語教室に通っていたのに英語がさっぱりなんて話はよく聞きます。だからといってネイティブに英語を習うのが無意味ではないはずです。

一方で日本人に習ったからといってネイティブ並みに発音を期待できないかというとそうでもないでしょう。最近の先生方は本当に発音も素晴らしいです。そして、日本にいながらかなり高度な英語を習得している方も本当に多いです。

私なりの結論。

小さい頃は英語を楽しむ。英語という日本語とは異なる言語や文化に触れて幅広く経験を積む。成長するにつれて英語をもっと学びたい話したいと思った時にどんどん英語をする。本人の意識が高くなれば流ちょうに話せるようになります。

人任せではなく、本人の「もっとやりたい」という気持ちをいかに引き出すか。これがありきたりですが王道だと思います。だから、始めるのはいつでも良いのです。

(注) 一般論です。