検索

Ouka先生の考える「英語を学ぶ」とは

最終更新: 7月13日

 「英語を学ぶ」とは 学校の授業で英語を学ぶ際、多くの場合はテキストを読み込んだり、問題を解いたり、単 語を暗記することによって英語力を身につけていくと思います。もちろんこれは一つの手 法であり、テスト対策には最適かもしれません。

 しかし、これはあくまでも私の意見です が、私は将来「使える」英語を身につけるにはそれだけに止まらず、多方面から英語を追 求していくことが重要だと思います。例えば何か一つ自分が興味あるものを選び、それに ついて英語でリサーチしたり、関連書物を読んだり、プレゼンやディベートをしてみたり。実際私もこのように様々な方法で英語と触れ合ってきました。


 「使える」英語を身につけると様々なメリットがあり、その一つとして自分の視野が広が ることが挙げられます。学校でエッセイや論文を書くにしても、日本語だけでなく英語も 駆使してリサーチできるため、複数の視点からそのトピックについて知識を深めることが できるのです。例えば、今の時代SDGsが注目されていますが、日本とアメリカでのSDGs の取り組み方には違いがあります。日本語では説明し切れていないような内容を、英語で 検索することによって、知識の幅がより広くなり、物事をより偏見なく、平等にみられる ようになると私は信じています。

 しかし、急にこのようなことを言われても実践するのは難しいとお考えの方もたくさんい ると思います。それを私は是非、マコマミでお手伝いしたいのです。


 マコマミのレッスン ではテキストや単語帳はもちろん使いますが、最近ではそれに加えて自分の興味があるも の(漫画やアニメ)についてプレゼンしてもらったり、何かのお題について意見を交換し てもらったりしています。家でも是非、生徒さんが興味あるものを英語と日本語で追求し て欲しいです。


 より楽しく英語を学んでいただくために、これからもどんどん新しいことに挑戦していきたいと思います。

Ouka